ルクール アンティークカフェ

ルクール アンティークカフェ

ルクール アンティークカフェ

岐阜県長良にあるルクールアンティークカフェへ行ってきました。

2012年の5月にオープンしたばかりの新しいカフェです。

こちらは「天使のチョコリング」や「とろなまドーナッツ」で有名なアンティークのカフェの中でも、全国初出店となる、ル・クルーゼを使用したカフェなのです。

ル・クルーゼはフランスのLE CREUSET社が作っている製品で、鍋がとても有名ですね。

とても重たいのですが、熱が逃げにくく、焦げにくく、材料を入れても温度が下がりにくいため、大変人気のキッチンウエアです。

わたしもこちらの鍋を愛用しており、毎日のお米をル・クルーゼのお鍋で炊いています。

ルクールカフェでは、そんな大人気のル・クルーゼを使用した料理と、食べ放題のパンが特徴です。

ランチを食べに行ったのですが、わたしが到着したのは12:00頃です。

ランチタイムは11:00から始まっているので、着いたときには待ち合い席はごったがえし、なんと30組待ちでした。

約1時間ほど待ってやっと席へ着くことができ、早速オーダー。

基本のメニューはルクルーゼ料理+パン食べ放題+フリードリンクの¥1380です。

これにドルチェのついたものや、クレープのついたメニューもありますが、パンでお腹いっぱいになってしまうと思い、基本メニューをオーダーしました。

オーダー後はすぐにパンを取りに行くことができ、取ったパンは置いてあるトースターで温めることもできます。

種類もそこそこあり、明太子やポテトなどの調理パンやラスクやクリームパンなどの甘いパンやベーグルもありました。

パンを食べているうちに、ルクルーゼ料理が運ばれてきます。

1人サイズのルクルーゼが目の前に置かれ、店員さんが蓋を開けてくれます。

蓋が開くとふわっといい香り。お料理はシチューやカレー、煮込みハンバーグなど、汁っぽいものなので、パンに付けて食べても美味しいです。

90分の時間制だったのですが、時間いっぱいまで満喫しました。

パンの食べ放題といえばサンマルクが有名ですよね。

フワフワのパンが多いサンマルクに比べ、こちらのカフェは歯ごたえのありました。パンの好みで別れそうですね。

わたしはどちらのパンも好きなので甲乙つけがたかったのですが、同じくらいの料金設定を考えると、サービスの質は確実にサンマルクでした。

焼きたてのパンを持ってきてくれますしね。

今回は友人と行きましたが、主人は柔らかめのご飯やふわふわのパンが好みなので、家族で利用するのはサンマルクになりそうです。

次回はモーニングを利用してみたいと思います。

トヨタ86の値引き

太陽の力

夏の朝、水道の蛇口をひねるといきなりかなりの温度のお湯が出てきて飛び上ることがあります。パイプが太陽の熱にあたためられたんでしょうね。フィンランドだとかスウェーデンだと、地表近くのパイプが凍って水が出ないこともあるそうですよ。

太陽の光というのは偉大なもので、古代から人間はいろいろなことに利用してきました。まぁ、単純なところで物を干したり、乾かしたりですよね。洗濯物なんか、私は乾燥機でもいいやって感じですけど、母なんかは頑固に太陽の光による自然乾燥でなければ嫌だというこだわり派です。殺菌作用もありますから、食べ物を干すのにも使われます。魚やくだものですね。土器も、焼くということがなかったときには太陽の光で乾かしていたのだそうです。なんか気の長い話ですし、すぐに欠けてしまいそうですけれども。

最近ではもっぱら太陽光発電ですね。私の周りには家の屋根にソーラーパネルを貼ったぜ!みたいな人はいませんが、普及率はかなりのもの。昔はかなり高額だったそうですが、最近はずいぶん価格もお安くなりましたし、補助金だなんだとありますから、ずいぶん垣根は低くなったように思います。私も太陽光発電に興味がないわけではないのですが、どうしてもちょっとマイナス部分が気にかかってしまいます。

太陽光発電のマイナス部分というのは夜間発電できないことや、昼間でも天気によって発電量がかなりまちまちなことです。以前テレビでソーラーカーでかなり長い期間をかけて旅をする企画をやっていたのですが、曇りの日に目的地までたどり着く寸前で電気が足りなくなり、止まってしまったことがありました。ちょっと怖かったですね。テレビですからスタッフがついていてくれて、車が止まってもなんとかなりますけれども、これ一般市民の車だったらどうなります?どうもならないですよ。立ち往生で、周りの車からクラクション鳴らしまくられて…。うーん、想像するだに恐ろしい。

ただいいところも色々ありますよね。まず、発電装置があまり壊れないそうです。それに環境に優しいですし。環境に優しいってなんか気立てがいいと言っているみたいでちょっとぼんやりした印象がありますが。マイナス面を克服したら是非ソーラカーなど乗ってみたい、そう思っております。